お酒で赤くなる人、ならない人 その違いはなぜ? - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

お酒で赤くなる人、ならない人 その違いはなぜ?

☆私も欠かさず飲んでるお酒の話です。^^
身体に入ったアルコールは、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解され その後、「アセトアルデヒド脱水素酵素」(ALDH)により、無毒な酢酸になり肝臓から排出されるそうです。
お酒で顔が赤くなるかは遺伝的にこのアセトアルデヒド脱水素酵素の活性が大きく影響しているようでこの働きが弱い人はアセトアルデヒドが交感神経を強力に刺激して、顔が赤くなり、さらには血圧が上がったり、冷や汗をかく、(動悸)どうきがするなど、複合的な症状(フラッシャー)が起こるそうです。ご愁傷様です(・・;)

日経Gooday

■顔が赤くなる原因はアセトアルデヒド

みなさんもご存じのように、お酒を飲んで赤くなる人と、赤くならない人がいます。そもそも、なぜお酒を飲むと赤くなるのでしょうか? そして赤くなる人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか?

「お酒を飲んで顔が赤くなり、さらには血圧が上がったり、冷や汗をかく、動悸(どうき)がするなど、複合的な症状を『フラッシャー』と呼びます。顔が赤くなるのは、体内でアルコールが代謝される際に発生するアセトアルデヒドの毒性が大きな原因です」。成増厚生病院東京アルコール医療総合センターでセンター長を務める垣渕洋一さんはこう説明します。

「アセトアルデヒドの作用で、顔などの毛細血管が拡張されることで顔などが赤くなります。アセトアルデヒドは交感神経の刺激作用がとても強力で、これにより脈拍が上がり、その結果として、血圧が上がり、冷や汗が出る、筋肉が緊張するなどの症状が引き起こされます。さらにアルコールが本来持つ血流を促す作用も手伝って、顔の赤さが助長されるというわけです」(垣渕さん)

体内に入ったアルコールは、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解される。その後、「アセトアルデヒド脱水素酵素」(ALDH)により、無毒な酢酸になり肝臓から排出される

体内に入ったアルコールの約9割は肝臓で代謝されます。その際、アルコール脱水素酵素によって、アルコール(エタノール)はアセトアルデヒドに分解されます。その後、「アセトアルデヒド脱水素酵素」(英語の略称はALDHで、1・2・3の3つの型がある)により、アセトアルデヒドは無毒な酢酸になり、肝臓から排出されます。

■アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の活性がカギ

「実は顔が赤くなる、ならない人の差には、アセトアルデヒドを分解する『アセトアルデヒド脱水素酵素』(ALDH)が大きく影響しています。ALDHの1つである『ALDH2』の活性は、その人の遺伝的要素によって決まります。ALDH2の活性には人によって生まれつきの強弱があり、3タイプに分類することができます」(垣渕さん)

ここで3タイプの違いを整理しましょう。

ALDH2が安定で正常な動きをするのが「活性型(NN型)」。両親から、分解能力が高いとされるN型を受け継いだ人です。自他ともに認める酒豪で、酒を飲んでも赤くならないノンフラッシャーがほとんどです。

2つ目は「不活性型(ND型、低活性型と呼ぶ場合もある)」。分解能力が高いN型と、分解能力が低下したD型をそれぞれ引き継いだタイプで、まったく飲めなくはないが、基本的には酒に弱くなります。普段からアルコールに親しんでない場合、顔も赤くなりやすい。

3つ目はALDH2が完全に失活した「失活型(DD型)」。両親からD型を引き継いだタイプです。酒に弱いどころか、まったく飲めないといったほうが正しく、ほとんどの場合がフラッシャーです。奈良漬けを食べた程度でも真っ赤になってしまうのがこのタイプです。

日本人などの黄色人種の場合、活性型は50%程度、不活性型が40%程度で、失活型が10%程度となっています。一方、白人や黒人はほぼ100%が活性型です。

なお、顔への出方には個人差もあるようです。「顔が赤くなる原因は主にアセトアルデヒドにあります。このため、ALDH2の活性が高い活性型の人はノンフラッシャーがほとんどで、失活型ならフラッシャーが多くなります。ですが、毛細血管への反応には個人差があり、必ずしも一致しないケースが見られます」(垣渕さん)

■遺伝子検査で自分のタイプを知る

では、自分がどのタイプなのか知るにはどうすればいいのでしょうか?

「遺伝子検査で、自分のタイプを調べられます。自分では活性型と思っていても、実は不活性型だったりする可能性も大いにあります。専門機関などで検査されることをおすすめします。最近では一般向けの遺伝子検査サービスでも分かります」(垣渕さん)

予算的に遺伝子検査が厳しい場合は、「アルコールパッチテスト」という手もあります。やり方は簡単で、脱脂綿に市販の消毒用アルコールを含ませ、上腕部の内側にテープで7分間固定し、はがした直後と10分後に、脱脂綿が当たっていた肌の色でALDH2の活性を見ます。脱脂綿をはがした後、肌の色が変化しないのが活性型、10分後に赤くなるのは不活性型、直後に赤くなるのは失活型という判定になります。ただ、正確に自分のタイプを知りたい場合は、やはり遺伝子検査を受けたほうがいいでしょう。

(日経Gooday編集部)

[日経Gooday 2017年9月25日付記事を再構成]

記事はこちら⇒https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21689090Z20C17A9000000?channel=DF140920160927&nra

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)