認知症患者の割合、OECD加盟国で日本が最多 - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

認知症患者の割合、OECD加盟国で日本が最多

日本の認知症患者の割合(有病率)は、経済協力開発機構(OECD)加盟35か国の中で最も高いことが10日、OECDが公表した2017年版の医療に関する報告書でわかった。

 年齢が上がるほど認知症有病率は高まる傾向にあり、日本は世界で最も高齢化が進んでいるためとみられる。

 報告書によると、日本の人口に対する認知症有病率は2・33%で、OECD平均(1・48%)を大きく上回り、最も高かった。2位はイタリアの2・25%、3位はドイツの2・02%だった。日本の有病率は20年後の37年にはさらに上昇し、3・8%に達すると推定されている。

 OECDの担当者は「日本は高齢化がほかの国より早く進んでいる。認知症を含め、加齢に関連した病気への対策が喫緊の課題だ」と指摘している。

2017年11月13日 YOMIURIONLINE

※若々しく健康に老いるためには知識と努力が必要ですね。

先ずは身体の『カタチ』。『カタチ』が若ければ、運動機能も高くいられる筈です。あるべき状態だあれば、臓器や器官もあるべきように機能する筈です。

食品も身体に良いもの悪いもの、選んで摂取すべきです。

老化や病気の9割方に関わると言われる活性酸素を如何に減らすかも重要です。

”玉琢かざれば器を成さず” ですね^^

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)