魚介類食べると、うつ病リスク減…青魚に多い「オメガ3系脂肪酸」効果か - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

魚介類食べると、うつ病リスク減…青魚に多い「オメガ3系脂肪酸」効果か

魚介類を多く食べる人はうつ病を発症するリスクが下がるとする調査結果を、国立がん研究センターなどがまとめた。

 青魚に多い成分のオメガ3系脂肪酸に抗うつ効果があるとみている。調査は、1990年に長野県の佐久保健所管内に住んでいた40~59歳の約1万2000人のうち、2014~15年に実施した「こころの検診」を受けた1181人(95人がうつ病と診断)の食事について調べた。

 魚介類(加工品も含め19種類)の1日の摂取量で4グループに分けると、最も少ないグループ(約57グラム)に比べ、それより多い3グループでうつ病にかかるリスクが低い傾向が見られた。最もリスクが低いのは摂取量が2番目に多いグループ(約111グラム)で、最少のグループに比べリスクが56%低かった。

EPAの摂取量でも同様に分析すると、
最も少ない群(同200ミリグラム)と比べ2番目に少ない群(同307ミリグラム)は、
うつ病のリスクが46%低かった。
いずれも摂取量が多いほどリスクが下がるわけではなかった。
調査を担当した国立がん研究センター・社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊さんによると、
魚介類をたくさん食べる人はとる野菜の量も多く、揚げたり炒めたりでサラダ油を多く使う傾向がある。

サラダ油に含まれるオメガ6脂肪酸は炎症を起こす作用があり、
EPAの効果を打ち消した可能性があるという。

松岡さんは「心の健康を保つために1日100グラムほどの魚介類を食べてほしい」と話している。
一般的にサバの切り身は80グラム程度、イワシは1匹80~100グラムという。(南宏美)

2017年09月27日 10時00分 読売新聞

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)