【衝撃の研究結果】牛乳をたくさん飲むと骨折率や死亡率が上がる - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

【衝撃の研究結果】牛乳をたくさん飲むと骨折率や死亡率が上がる

「牛乳を飲むと骨が丈夫になる」と思われがちですが、そんな定説とは真逆の「牛乳をたくさん飲む人ほど寿命が短く、女性に至っては骨折率まで上昇する」という驚きの研究結果を、スウェーデンのウプサラ大学で教授を務めるKarl Michaëlsson氏を含む研究チームが明らかにしました。

Karl教授率いるウプサラ大学の研究チームは、10万人を超えるスウェーデン人を対象に牛乳の摂取量と死亡率や骨折頻度の関係性を調査しています。

調査結果から、牛乳の消費量と死亡率や骨折頻度の間には関係性があることが明らかになっています。女性の場合、1日に3杯以上牛乳を飲む人は、1日1杯以下しか牛乳を飲まない人と比べてなんと1.93倍の死亡率であったことも明らかとなっており、股関節を骨折する確率は60%高く、骨折全般で見ても15%も割合が高くなることが判明しています。

調査結果で牛乳を多く摂取する女性被験者の「死亡率」が高くなった点については、牛乳に多く含まれる「D-ガラクトース」が影響しているのではないか、と研究チームは指摘しています。なお、D-ガラクトースは動物実験にて老化を促進させて寿命を縮める、という効果を持っていることが確認されています。

NAVERまとめ  コチラ⇒http://matome.naver.jp/odai/2141561836210646001

※牛乳のカルシウムは100g中110mgと豊富で、吸収率も40%と高いそうです。人間の血中カルシウム濃度は、通常9~10mg(100cc中)と一定しています。牛乳を飲むと血中カルシウム濃度は急激に上昇するそうです。血中カルシウム濃度が急激に上昇すると、体は血中カルシウム濃度を何とか通常値に戻そうと恒常性コントロールがが働き、血中余剰カルシウムを腎臓から尿に排泄してしまうそうです。

このため牛乳を毎日たくさん飲んでいる世界4大酪農大国であるアメリカ、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの各国で、股関節骨折と骨粗鬆症が多いと医学博士の丹羽耕三先生も以前より指摘されていました。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)