蚊より怖い?マダニ媒介の感染症「日本紅斑熱」 今年の患者過去最多の200人超 - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

蚊より怖い?マダニ媒介の感染症「日本紅斑熱」 今年の患者過去最多の200人超

マダニが媒介する「日本紅(こう)斑(はん)熱(ねつ)」の患者が今年初めて200人を超え、感染症法が施行された平成11年以降で最多となったことが11日、国立感染症研究所のまとめで分かった。昆虫やダニなどの節足動物が媒介する感染症では今夏、デング熱の国内感染者が160人確認された。デング熱は蚊の活動が低下して流行が終息。日本紅斑熱もマダニの活動が活発で人の野外活動が多い時期の感染が多いが、冬季の感染もあり、注意が必要だ。

 日本紅斑熱は「リケッチア・ジャポニカ」という細菌を持つマダニに刺されることで感染し、発熱や頭痛、発疹などの症状が出る。抗生剤で治療が可能だが、治療が遅れると四肢の末端が壊(え)死(し)して切断しないといけなくなったり、多臓器不全などにより死亡したりすることもある。北米や地中海沿岸地域などでは同じような感染症が知られていたが、昭和59年に国内でも確認され、日本紅斑熱と呼ばれるようになった。

 感染者は年間10~20人ほどだったが、平成20年に100人を超え、今年は2日までに211人と初めて200人を超えた。患者は和歌山県32人▽広島県29人▽三重県28人-など西日本に多い。関東でも千葉県で3人、神奈川県で1人が感染した。新潟県では初めて患者が確認された。

 患者が増えた理由について、国立感染症研究所の安藤秀二室長は「医師の認知度の向上と確実に診断できるようになったことが大きく、報告数が増えた」とする。それでも「検査できる機関が限られることから検査をしなかったり、医師が症例を見た経験がないため他の疾患と間違えられたりする例もあり、実際にはさらに多くの患者がいるとみられる」という。

 マダニによる感染症では昨年、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が国内で初めて確認された。10月15日までに累計104人の患者が報告されており、30人が死亡。SFTSも日本紅斑熱も予防接種はなく、予防法はマダニに刺されないことしかない。安藤室長は「日本紅斑熱は温かい地方などでは冬も感染者が出る」として、冬季も注意が必要と話している。 

産経ニュース

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)