統合失調症薬(精神分裂病薬)「ゼプリオン」で17人死亡例 - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

統合失調症薬(精神分裂病薬)「ゼプリオン」で17人死亡例

ヤンセンファーマ社の統合失調症治療薬「ゼプリオン」の使用後に死亡した患者が、昨年11月の販売開始から4か月半で17人に上っていることがわかった。薬との因果関係は不明だが、同社は、医療機関に注意を呼びかけている。

 この薬は4週間に1回、肩や尻の筋肉に注射する。使用した患者は推定約1万700人。市販後の調査で報告のあった17人の死亡例には、心筋梗塞や肺塞栓、低体温、吐しゃ物による窒息などがあった。使用3日後の例もあれば、40日以上経過していた例もあった。

 同社は、薬との因果関係などは調査中としながらも、「薬剤は投与後、4か月間は体内に残る。なるべく家族らが経過観察できる患者に投与し、異常があれば直ちに受診するように十分説明を」などと医師に呼びかけている。他の抗精神病薬との併用についても、安全性が確立していないとして極力避けるよう求めている。厚生労働省も情報収集している。

 同社によると、この薬は2009年以降、世界60か国以上で使用されているが、短期間に多数の死亡例が報告されたことはないという。

(2014年4月9日 読売新聞)

☆「ゼプリオン」の使用後に死亡した患者が、昨年11月の販売開始から4か月半で17人に上っている。世界60か国以上で使用、短期間に多数の死亡例が報告されたことはない。

なぜでしょう?

200982

2009年8月2日の読売新聞

☆諸外国に比べ低い単剤化率

欧米や中国、台湾などでの調査では、単剤化率(1種類の薬だけで治療)は80%前後が多い。これに対し、日本では「治療効果が高まる」として、複数の薬を出す場合が少なくない。

今回の調査でも、1種類の薬だけで治療する割合が30%台の施設が最も多く、施設間の差が激しかった。平安さんは「向精神薬は1種類が原則。薬を変更する際に一時的に複数の薬を使うことはあるが、片方は徐々に減らして1種類にすべきだ」と話している。

◆日本の精神科は多数の薬を処方し過ぎる。4ヶ月も体内に残る薬が他の薬と化合した結果と言えると思います。

◎SSRIの怖い話はコチラ ⇒ http://bbn.jisseki.net/2011/07/post-de7d.html

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)