大量精神科薬で搬送、156病院…問われる処方 - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

大量精神科薬で搬送、156病院…問われる処方

今朝の読売新聞記事です。

 精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、2012年は全国で少なくとも156病院に上り、うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、読売新聞の調査でわかった。

 服薬したのはいずれも医療機関でしか処方できない薬で、抗うつ薬、睡眠薬などの処方のあり方が問われそうだ。

 昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の救急科専門医指定施設の計498病院にアンケートを送り、164病院から回答を得た(回収率33%)。大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、最も多い病院では約500件と回答した。

 うつ病で処方される三環系抗うつ薬では大量服薬によって1年間で計5人が死亡したほか、52人に不整脈、23人に長時間にわたるけいれんなど、命に関わる症状が見られた。

(2014年2月11日 読売新聞)

◎精神薬で救急搬送・大量服用招く安易な処方
■年50人以上
 大阪府守口市の関西医大滝井病院救命救急センターには、睡眠薬や抗不安薬などを大量に飲んだ患者が毎年50人〜100人近く運び込まれる。

 精神科ではかかりつけ患者でも「身体は診られない」と対応せず、一般病院は「精神疾患に対応できない」との理由で受け入れを拒むことが多い。
 同大救急医学科の中谷壽男教授は「患者の大半は命に別状はないがどこの医療機関でも断られるのでうちで受け入れることになる」と話す。
 残存する薬の影響で問題行動を起こしそうな患者はスタッフの多い集中治療室(ICU)で対応せざるを得ない。
 中谷教授は「大量に薬を飲んだ患者の入院でICUの空きがなくなり深刻な救急患者を受け入れられない場面が頻発している」と訴える。

◎米の6倍・重症・死亡例も

■長期処方

 精神科の治療は、薬物治療とカウンセリングなどの心理療法が両輪とされているが、欧米に比べて日本では手間のかかる心理療法を行う施設が少なく、安易に薬を出して対応されがちだとの批判がある。
 重い不眠症に使われるバルビツール酸系睡眠薬など、薬によってはまとめて飲むと死亡することがある。
 不眠や不安、頭痛などに使うベンゾジアゼビン系薬薬剤は即効性があって便利だが、使い続けると薬をやめにくくなる。海外の治療指針では、依存性などが問題視され、処方は4週間程度が目安とされているが、日本では半年、1年と長期処方されることは珍しくない。薬を入手しやすい環境が大量服用の温床になっている。日本は人口あたりのベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用量が世界一で米国の6倍とされる。

 精神科医から救急医に転身した北里大学病院救命救急センターの上條吉人特任教授(日本中毒学会理事)は「処方する医師の側に大きな問題がある。
 国は精神科関連学会などの自浄能力に任せるのではなく、命に関わる薬の処方を制限するなど、強制力のある対策を講じるべきだ」と指摘する。

◎薬への依存性・社会生活に影響

 九州地方の40歳代の元看護師の男性は病院の不規則勤務で不眠に陥り、院内の精神科で睡眠薬を処方された。次第に睡眠薬なしに眠れなくなり、薬の効き目が落ちると医師は量を増やした。男性は薬に不安を感じ医師に何度も質問したが「長く飲んでも安全」と言われた。男性は薬の酩酊感を求め複数の医療機関で睡眠薬を入手し始め昼間から服用、集中力低下で退職せざるを得なくなり生活保護に追い込まれた。 「死にたい」という衝動から自宅で大量の薬を飲んだ。
一命を取り留め、今は専門病院の外来で薬を減らしているが、離脱症状に苦しみ断薬に至らない。 「医師が出す薬でこんな目に遭うとは想像も出来なかった」と男性は悔やむ。

東北地方の40歳代の男性は、会社でトップの営業成績を上げるセールスマンだった。だが実は、人前で声が震える症状で不安障害と診断され、10年以上ベンゾジアゼピン系薬剤を飲み続けていた。薬によって、男性の人生は暗転した。
 抗不安薬は当初から効果を感じなかった。だが「ないよりはまし」と信じ、会議前などに頻繁に服用した。次第に量が増え、複数の精神科で薬を入手するようになった。そして強い睡眠薬が追加された直後の3年前から、万引きが始まった。
 スーパーのかごに食品などを山盛りに入れ、レジを素通りするなど不可解な行動を繰り返した。昨年秋、懲役1年6か月の実刑判決を受け、収監された。
 男性が収監の1年前、入院治療で薬をすべて立つと、万引きは止まった。薬の影響は裁判では認められなかったが、妻は「夫の変わりようは薬の影響としか考えられない」と訴える。

 処方薬依存の患者は多いとみられている。だが、減薬治療の経験がある医療機関は少ない。患者数などの実態調査も行われておらず、早急な対策が求められる。

(2014年2月11日 読売新聞)

◇デパスの副作用の話 ⇒ http://bbn.jisseki.net/2012/07/post-f720.html

◇抗うつ薬の記事    ⇒ http://bbn.jisseki.net/2011/07/post-de7d.html

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)