長期服用が危険な薬 (>_<) - 腰痛 肩こり 頭痛なら西川口の整体 カイロ

ボディバランス西川口

日記・ブログ

長期服用が危険な薬 (>_<)

◆睡眠薬や抗不安薬、あなたは大丈夫?
001

◎危ないベンゾジアゼピン系
▲抗不安薬、商品名「デパス」「リーゼ」「レキソタン」「レスミット」など▲睡眠薬、商品名「ハルシオン」「レンドルミン」「エバミール」「ベンザリン」など

○処方薬依存
 医師が処方する薬でも、長期間服用していると処方薬依存に陥ることがある。精神科で出す薬に多いが、とくにベンゾジアゼピン系の薬は要注意だ。脳内で神経伝達を抑制するGABA受容体の働きを高め、不安や興奮を抑える作用があるので、抗不安薬、また不安や興奮を抑制することで眠気を誘うため、睡眠薬として利用される。
 ▲抗不安薬(商品名「デパス」「リーゼ」「レキソタン」「レスミット」など)▲睡眠薬(商品名「ハルシオン」「レンドルミン」「エバミール」「ベンザリン」など)
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、それ以前の主力だったバルビツール酸系睡眠薬に比べて副作用が少ないとされた。バルビツール酸系は脳全体の活動を抑制するため、呼吸困難や呼吸停止などの副作用があったからだが、ベンゾジアゼピンはその心配はなく、大量を長期服用しない限り依存も起きないと言われていた。
 ところが、1980年代になって、常用量での依存例の報告が相次いだ。症状としては、不安、気分の落ち込み、頭痛、発汗、手足のしびれ、震え、知覚異常、ケイレン発作、離人感(現実感消失)などだ。発現率40%という報告もあり、高齢者ほど出現頻度が高く、半減期が短い薬ほど高率に発現する。抗不安薬として用いられる薬が、不安や気分の落ち込みを招くことがあるのだ。
 そのため米国食品医薬局は、ベンゾジアゼピン系の長期投与を承認していない。2~4週間以上の利用はやめるべきだろう。

 

 ※depachuさんのブログ ⇒ http://ameblo.jp/depachu/ 

 精神医薬によって世界で毎月3000人が死亡! ヤバイ動画が見れます。 医療は産業? 病気で困っている人を救うのが医療のはずでは・・・・。

 

 

★SSRIの怖い話はこちらhttp://bbn.jisseki.net/2011/07/post-de7d.html

 

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

川口市,西川口駅の整体

土曜、日曜も受付 月~土20時まで受付 初回割引特典あり 西川口駅西口より徒歩5分 体験談多数掲載中

【初回限定】腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身調整カイロ(腰痛・肩こり・頭痛解消!)

通常6,000円→初回5,000円(税込)